やってはいけないこと

未分類

風俗店で働く女性の悩みの一つに、お客様が早く射精をしてしまって時間が大いに余ってしまうということがあるようです。
会話が得意な女性であれば会話をすればいいだけの話なのですが、全員が得意というわけでもありません。
そういった対処法に、2回戦を始める、マッサージをしてあげる、耳かきをしてあげる、一緒に添い寝をする、ゲームをする、といったところが基本として挙げられてきます。
店舗型の風俗店であれば、こういったことで悩みは解消されてくるはずです。
後、デリヘルならではでいえば、自宅に派遣されたときはさらに会話を広げやすいということがあります。
お客様の自宅へ行けるのはデリヘルだけであり、プレイ後に時間が余ったとしても、他の風俗よりも遥かに有利だともいわれています。
そもそも、お客様の自宅にはその人の趣味や好みが色々と反映されています。
玄関の様子やバスルームの様子、寝室やリビングに置いてあるものなど、話題を振るきっかけはたくさんあるのです。
プレイ後は、まずゆっくりと周り見渡してみて何か話のきっかけになるものがないかを探してみればいいかと思われます。
逆に、時間が余ったからとやってはいけないものもあります。
まずは、お客様を放置してしまうというところです。
無口なお客様で、何を話しても「はい」や「いいえ」だけの返事しかしない人はたまにいます。
そういう人相手だと、何をしても無駄と思えてついつい放置プレイになってしまいがちなのです。
お客様本人には決して悪気はなく、ただ人とコミュニケーションを取るのが苦手という人ですので、そんなお客様に遭遇したときは軽いマッサージや耳かきをしてあげるだけでも全然印象は違ってくるのです。
あと、時間内に1人で携帯をいじっているのは、一般的には失礼なことになりますので気をつけなければならない部分でもあります。
次に、時間よりも早く終わるように促すというものも出てきます。
「今日はありがとうございました。楽しかったです。」と何度も言ったり、「明日も仕事でしょうから早く寝たほうがいいですよ。」などと言ったりして、お客様から終了を切り出させるのは絶対にやめたほうがいいです。
最後に、「時間まであと20分ありますけど次に行っても大丈夫ですか。」、とストレートに言えばなんだか潔い気もしますが、これに関しても絶対やってはなりません。
どんなに早く終わっても、時間内まではしっかりと接客したほうが絶対に次に繋がってくるものなのです。

Previous
添い寝やゲーム