やってはいけないこと

風俗店で働く女性の悩みの一つに、お客様が早く射精をしてしまって時間が大いに余ってしまうということがあるようです。
会話が得意な女性であれば会話をすればいいだけの話なのですが、全員が得意というわけでもありません。
そういった対処法に、2回戦を始める、マッサージをしてあげる、耳かきをしてあげる、一緒に添い寝をする、ゲームをする、といったところが基本として挙げられてきます。
店舗型の風俗店であれば、こういったことで悩みは解消されてくるはずです。
後、デリヘルならではでいえば、自宅に派遣されたときはさらに会話を広げやすいということがあります。
お客様の自宅へ行けるのはデリヘルだけであり、プレイ後に時間が余ったとしても、他の風俗よりも遥かに有利だともいわれています。
そもそも、お客様の自宅にはその人の趣味や好みが色々と反映されています。
玄関の様子やバスルームの様子、寝室やリビングに置いてあるものなど、話題を振るきっかけはたくさんあるのです。
プレイ後は、まずゆっくりと周り見渡してみて何か話のきっかけになるものがないかを探してみればいいかと思われます。
逆に、時間が余ったからとやってはいけないものもあります。
まずは、お客様を放置してしまうというところです。
無口なお客様で、何を話しても「はい」や「いいえ」だけの返事しかしない人はたまにいます。
そういう人相手だと、何をしても無駄と思えてついつい放置プレイになってしまいがちなのです。
お客様本人には決して悪気はなく、ただ人とコミュニケーションを取るのが苦手という人ですので、そんなお客様に遭遇したときは軽いマッサージや耳かきをしてあげるだけでも全然印象は違ってくるのです。
あと、時間内に1人で携帯をいじっているのは、一般的には失礼なことになりますので気をつけなければならない部分でもあります。
次に、時間よりも早く終わるように促すというものも出てきます。
「今日はありがとうございました。楽しかったです。」と何度も言ったり、「明日も仕事でしょうから早く寝たほうがいいですよ。」などと言ったりして、お客様から終了を切り出させるのは絶対にやめたほうがいいです。
最後に、「時間まであと20分ありますけど次に行っても大丈夫ですか。」、とストレートに言えばなんだか潔い気もしますが、これに関しても絶対やってはなりません。
どんなに早く終わっても、時間内まではしっかりと接客したほうが絶対に次に繋がってくるものなのです。

添い寝やゲーム

風俗店を利用するお客様というのは、ある一定の時間を決めて料金を支払いプレイを楽しむものとなっています。
60分なら60分、120分なら120分と、女性もそれに沿った内容のプレイになってきます。
とはいえ、決められた時間の配分よりかなり早く射精をしてしまい、時間をかなり余らせてしまうというケースがどうしても出てきてしまうのです。
会話が得意な女性であれば会話を楽しませればいいのですが、風俗店で働く女性の全員が全員会話が得意なわけではありません。
といったことから、この余った時間をどのようにして過ごしていいのか悩む女性も多いのです。
まず簡単なことから挙げてみますと、2回戦を始めたり、マッサージや耳かきをしてあげるというところが基本的な部分で挙げられてきます。
最後の耳かきに関していえば、2回戦やマッサージよりも疲れませんので、時間が余った時のことを考えてバックの中にお客様用の耳かきを用意しておくのもいいかと思われます。
他には、恋人のように添い寝をしてまったりするところも挙げられてきます。
これに関していえば、「恋人みたいに」という所が大きなポイントにもなってきます。
ただ一緒に横になっているだけだと、休憩しているのとあまり変わらないからなのです。
まったりの仕方は人によって色々とあると思いますので、過去の彼氏などと過ごしたベットでの甘い時間を再現するイメージで問題ないかと感じます。
世間話をしたり、恋愛の話をしたり、性の話をしたりなど、恋人みたいな雰囲気であれば基本なんでもOKなのです。
デリヘルに関していえばお客様の自宅で接客することも多いですので、お客様からすればとてもリラックスした状態で恋人気分を満喫することができるはずです。
他には、一緒にゲームをするというものもあり、これに関していえば女性にとっては一番楽な対処法になるのかもしれません。
体力も使わないですし、会話と比べれば頭もそこまで使いませんし、今の時代はスマホがありますので暇つぶし感覚のゲームなどで一緒に時間を潰すのも一つの方法でもあるのです。
具体的なところを挙げてみますと、「ぷよぷよ」、「オセロ」、「太鼓の達人」など、一緒に楽しめるものなら何でもアリなのです。
また、デリヘルではお客様の自宅ではなくラブホテルなどへ派遣されることもありますので、そのホテルにカラオケが付いていればそれを利用するのも一つのでもあります。
結局のところは、一緒に楽しめるものがあれば何でもいいのです。

マッサージや耳かき

風俗店を利用する際、男性であるお客様は利用する時間を決めてお店に入ることになります。
基本的コース時間は大体が40分~で、長く遊びたいと思うお客様はさらに料金を追加して120分なり180分のコースで遊ぶこともあるのです。
これが何分のコースであろうと、お客様が早く射精してしまえば時間というのは当然のように余ってしまいます。
この余った時間をどのように使っていいのかわからない女性というのも多いといいます。
おそらくお店からは、「お客様と会話をして距離を縮めて次の指名に繋げられるように」と言われている女性が多いかと思われます。
とはいえ、そんなに会話が上手にできないという女性も結構いるのです。
後、どれだけ会話が得意だとしても、お客様が無口な人だったりすれば苦戦してしまうことになるのです。
そういった、プレイ後の余った時間に悩む女性の対処法というものにはどういったものがあるのでしょうか。
まず、2回戦を始めるというのも一つの手になるかもしれません。
ある意味、これができるとお客様の満足度もかなり上がってくるのではないかと感じます。
もちろん、キスから始めてもいいですしリップから始めてもOKで、1回目よりも早い手コキで抜いてあげたり、時間終了間際までずっとフェラチオや素股をしてあげる形でもいいと思われます。
最終的に2回目の射精をしなかったとしても、その姿勢がお客様からは喜ばれるはずなのです。
お客様視点から見れば、時間内に2回も射精ができるというのはお得感満載でもあります。
そもそも2回戦を自発的にできる女性は少ないですので、お客様から見てもかなり印象も違ってきます。
とはいえ、多くの女性にとっては面倒くさいことかもしれませんので、そういった女性に関してはもっと疲れない形でマッサージなどをしてあげるのもいいのではないでしょうか。
やはり、軽いマッサージというのは2回戦をするよりは負担が少ないく、そしてお客様からも喜ばれますのでかなりオススメでもあるのです。
もちろん、これも女性のほうから自発的に「まだ時間余ってるから軽くマッサージしてあげる」、「明日もお仕事が頑張れるようにマッサージしましょうか」と言ってマッサージしてあげるのがいいでしょう。
このマッサージに関しても長い時間するのではなく、5分~10分くらいで十分なのです。
ある意味、それだけでかなりポイントアップになってくるのです。
最後に、耳かきをしてあげるというのも一つの手であり、この耳かきには大きな癒やしの効果があるのです。
やってあげると、なんだかんだ照れながらも内心嬉しい男性は本当に多いのです。
膝の上にお客様の頭を乗せて、耳の中を掃除してあげるだけでいいのです。
風俗を利用するお客様は癒されたいと思っている人も多いため、プレイ以外でも心遣いをするといいでしょう。

参考資料:http://job-jukujoya.com/juso/